2017年

11月

06日

ワイン祭り・みの町屋マーケット・郡上八幡クラフト

●金曜日 多治見修道院ワイン祭り

快晴の暖かい日に招待を頂いたので弁当持参んで行っていました。会場には駐車場が無いので多治見駅からシャトルバスでスムーズに入れました。バスの中2~3回参加の方の助言んで、まずは試飲コーナを往復しタラフク頂き好みを決めて購入した方がイイョ…!と教えて頂きました。会場はぶどう棚の下、もう選ぶ所はなく空いているところにシートを広げ青空の下での宴会になりました。

※写真は入場券と交換の赤ワイン、白ワイン&グラスです。(二人ですから2本、赤白どちらか選べグラスも2個付いています)

 

●土曜日 みの町屋マーケット

自宅から30分ほど、第一回目のマーケットで知り合いの作家さんが参加の事で様子伺いに。

町屋の中の一軒、江戸時代からの酒屋さんでは苔むす庭、擦り減った石畳、黒光する竈、井戸など時代がしみ込んだ長い奥の方まで見学出来ました。

町屋マーケット会場では木の枝の椅子、鵜の篭模様のかごバッグの作家さんなどと話が盛り上がり楽しい時間を過ごしました。

 

●日曜日 郡上八幡クラフト

進入禁止の看板が立つ街の中をグルグル回り遠くの八幡小学校グランドに駐車できました。小腹のすく時間、運よく小学校前のちいさなドーナツ屋さん(ヤマネコドーナツ)を見つけ、美味しかったので作家へのお土産と袋に入れていただき、帰り際にもう一度ドーナツ頂きました。

町中は秋の祭りと重なり凄い人で前に進むのに時間んが掛かり、お目当ての作家さんに会うまでには多々の困難と誘惑を乗り越えなければ成りませんでした。八幡クラフトには金沢のマーケット以後、顔を見ていない88さんと会う第一のが目的。新作の話、遠征の話、これからの予定と話と尽きませんでしたが、店頭が賑わしくなりましたので早々にお暇いたしました。またの出会いを楽しみにしています。

2017年

10月

30日

美濃八幡神社 手づくり市 終えて

朝9時を少し回った準備中の様子です。

 

先週の付知クラフトに続き、今回も雨の中での開催になりました。まだありました、京都の平安楽市、百万遍手づくり市でも雨でした。その前のアートインナガハマでも開催日早朝まで雨の降るクラフトでした。

今月は雨、雨、雨のクラフトに成りましましたが、今回の手づくり市も無事に終えることが出来ました。

雨の中スタッフさん、お客様、八幡神社さんありがとうございました。

晴れた風通しの良い本日は、作品の風通し、テント、シートの乾燥、什器のペンキ塗りなど次回に向けての準備になります。

2017年

10月

22日

つけち全国レディースクラフト終えて

会場の 中津川市付知 道の駅花街道 までは意外と早く1時間30分で着きました。

会場にはブース番号のカードと、赤ペンキでコーナーにキチンと印がして有ったり、雨や砂利を心配してか通路には歩来やすいようにゴムの敷物がして有り準備の良さと主催者の努力が伺えるクラフトです。台風と秋雨前線の為雨の心配な出店となりましたが、準備中は雨は止み開始のあいさつまでには何とか間に合いました。

出店中は何度かテントに溜まる水を棒でツツキ落しながらの状態が続きましたが、雨の中多くのお客さんが来店いただきました。

 

今回のレヂィースクラフトは、女性の為のクラフト、私は搬出搬入の黒子に徹しブースには戻らず知り合いの作家訪問や、気になるブースの作家さんの作品を観たり聞いたり、話が長くなるとブースの中まで入れて頂き長話をしました。

会場から熊谷守一つけち記念館までは歩いて7~8分、上記写真は途中の若宮大橋から見た会場の風景。手前橋の下の河川敷が出店者、お客さんの駐車場になっていました。

後ろの方に御嶽山がありますが、前に山があるので見えないとの事。

記念館の入場券になっている、熊谷守一画伯の猫の絵のしおりです。

 

今回のクラフト、超大型台風の天気予報を聞き二日目の天候が心配になり、ブースは前日のみの出店と決めました。

もう一日参加したかったのですが、台風には勝てませんでした。天気悪い中、ボランティア、スタッフの方々ありがとうございました。

 

お買い上げいただきましたお客様ありがとうござまた。来年また出会える日を楽しみにしております。

 

2017年

10月

16日

平安楽市と百万遍手づくり市とラコリーナ

土・日曜日で京都と滋賀の散策に出かけました。

土曜日は平安神宮の前の楽市を見学、雨のためか人の出は少なく、近くの映画祭と吉本の万才の方が人が多く感じられました。

 

平安朝市はサラッサと見学し、平安神宮から改装工事中の京都市美術館を眺め知恩院→丸山公園→八坂神社→清水寺と定番のコースをキョロキョロ楽しみながら歩きました。多くの人達と同じ方向に向かっているのに気付き尋ねると杉田二郎,ばんばひろふみ,堀内孝雄,高山厳,因幡晃など出演のコンサートが円山音楽堂で開かれると聞き、なつかしき青春時代を思い浮かべ、知っている曲をひとつづつ歌ってみましたが全てうろ覚えでした。

知恩院は黒門の方から入り、武家門前を通り御影堂横へ御影堂は工事中の為に外観はシートで囲まれていたので外は拝見出来ず阿弥陀堂から鴬張り廊下を渡り御影堂の中の廊下を回り法然上人御堂をお参りし、抜け雀、三方向正面真向き猫、鴬張り廊下など観たりしました。工事は平成23年から始まり平成31年完成予定の大修理です。

写真右は、千姫のお墓後方の濡髪大明神前の賽銭箱です。石の賽銭箱が珍しく鉄の錠前が触るなとばかりに付けあり、頑丈そうなのでパチリ!

清水寺がこんなに混雑しているとは……人、人、人、左側写真は清水寺に続く坂道の様子。

清水寺にたどり着くまの参道は和服を着た外国の人が多く、いろんな国の言葉が飛び交っていました。たしか、近くにスタバがありました、看板は目立たないところにありスタバのコーヒーカップを持つ人で気が付きました。

清水寺の音羽の瀧の水を頂く柄杓は、今ではアルミを使用した物になり使用後はブルーの光で殺菌される箱に入れる仕組みになっています。この音羽の瀧前にも20~30人位並び時間がかかりました。柄杓で飲む様子を見ながら、以前は木の柄杓の記憶がありましたが、アルミの柄杓になり傷まなくなり殺菌装置まで設置してあり風情がないな~と一人独り言………。

清水寺も工事中で今年の1月から平成32年までの工事です。工事中の屋根の檜皮引の様子が観ることが出来たこと、現場の足場が金属パイプではなくすべて木で組まれていたことに“なぜ”と疑問がわきました。紅葉は少し色づいている様な感じでした。

 

●帰りの参道は車の通行可能の為、狭い道のすぐ横をタクシーなどが勢いよく通るので要注意!

檜皮様子も見えこれもまた好しと思い緑を見ると紅葉は少し始まりかなと声がきこえました。

日曜日はゆっくりタラフク朝食を食べて百万遍手づくり市へと向かいました。

駐車場から15分位歩き到着、本格的な雨の中でもお客さんや多く出店者でいっぱです。知り合いの出店個所を探しましたがなかなか会うことが出来ませんでした。

雨のため足元は泥水がたまり、人混みの中、体を小さくし傘をさしていても濡れます。帽子、カッパ又はポチョそして足元は長靴、リュツク。両手がフリーのスタイルが一番。

片手は傘、もう一方はスパーバックと両手がふさがり撮影が出来なかったのが残念です。そんな中、知り合いの作家さんに出会うことができご挨拶。先日夜に京都に入り駐車場を確保し翌朝会場入りとのこと、根性が入っていないと出来ることでないと教えられました。天気が良いと今日以上に人が入り肩がぶつかり合うほどの混み合う状態と話してみえました。残念ですが、いつも出会う大阪の作家さん、長浜でお隣の作家さんは探し当てることが出来ませんでした。

雨の京都から早々に離れ琵琶湖の周囲を走る道路を走り、雑貨屋さんに寄る予定がここでも見つからず、バームクーヘンで有名な“たねや”の草の茂る緑の中の家LaCollina(ラコリーナ:イタリア語で丘の意味)にお土産を買いに立ち寄りました。ここでも、トイレとレジ待ちの凄さにビックリ、もう人の多さと混み合うことに負けて近くの“たねや”に戻り購入しました。

京都では“阿闍梨餅本舗 満月 本店”で地元作家おすすめの阿闍梨餅、手づくり市ではちりめん山椒が気に入りお土産にしました。

 

●京都市内は入るにも、出るにも時間がかかります!

●知恩院(NHK:ゆく年くる年の除夜の鐘)と知恩寺(百萬遍京大近く)と智恩寺(天橋立のそば)があります。

●工事中の文化財を3か所も回りました。

●La Collina へは、たねやで道を尋ねて到着しました。

(詳しい地図が用意してありました。)

2017年

10月

09日

アートインナガハマ 無事終了

●長浜八幡宮             ●長浜別院大通寺

雨が降り続く中の出発でした。

自宅6時発➡長浜8時着・片道78キロ

到着した長浜では雨は止みましたがまだ空は心配な様子。指定の長浜市役所に駐車し会場までの途中、長浜八幡宮と長浜別院大通寺に楽市の無事と繫盛お参りし、いざ会場入り。

 

途中、知り合いの作家さんに挨拶と近況報告、関西弁で元気な話を聞き足取りも軽く端の出店場所に向かいました。

 

空模様を心配しながら、出店準備をしている間にもお客さん来店。早々と参拝のご利益が感じられました。その頃には、青空が見る様になり、お客さんもドーンと多く賑わいが増し楽市らしくなってきました。

初めてみるお隣ブースの作品に夢中になり、接客しなくてお客さんごめんなさい。前回来て頂いたお客様もブースを探して見え、嬉しいい出会いになりました。

 

お買い上げ頂きましたお客様、ブース案内や荷物を快く預かって頂きました商店街の協力にありがとうございました。

 

2017年

9月

25日

TAKAOKA 金屋町楽市in さまのこ

今回、高岡のクラフト楽市は主人単独で参加のため下記ホームページブログで感想を記載しています。

https://millimerter.jimdo.com/