2018年

7月

22日

高温と川遊

   朝7時の気温25℃        午後2時46分の気温36℃

国道の温度計はこんなです。

室内温度は35℃パソコンの席には26℃の冷風が当たるように設定し体を冷やしています。

近くの川では、先週の増水で川底も洗われ透き通る綺麗さで冷たく、川遊びの家族や若者で賑わっています。暑い日が続きますが寝苦しい夜はなく、夜10時過ぎるとクラ―は止め窓を開けると心地よい冷えた風が通ります。山の中はいいなぁ‥!

2018年

7月

16日

タコ糸の柿渋染め

今日で3日目の柿渋染め天日干しです。強い光を受けて段々と色が濃くなっていきます。

一日に何回も糸を回してムラのない様に均一にしますが、なかなかうまくいきません。

あまりの暑さに温度計は35℃まで赤線が伸び、隣の揖斐川町ではこの日、日本で一番の39℃と‥‥ 地元の広域無線でも高温注意、水分をこまめに補給してくださいと叫んでいました。

バテ気味ですけど、出来るだけ外の作業は控えて体調を整えていますが‥‥‥!

2018年

7月

15日

ひげさんの個展とソーセージ

38.8℃の多治見市の気温体感と、駅近くのワイワイ長屋で開催中の“ひげにいに個展”に行ってきました。この会場では昨年に続き2回目と思いますが、エネルギーに満ち溢れ、襲い掛かられそうな錯覚に陥る強烈な個性のオブジェに出合えました。

この日は、奥さんは暑さにダウンして私一人でのお邪魔になりました。

今宵は、ビールと娘夫婦の手作りソーセージを頂くことになりました。

材料の取り揃えから、搾り出す道具の作成と日頃見慣れない場面を見ることが出来、見た目もソーセージらしく、手つきもなかなかでした。

薄い羊の腸を使ったソーセージには、豚肉と香辛料が入りソーセージが詰め終わると少し乾燥が必要と、なかなか食するまでには忍耐がいります。乾燥が済むと、15分ぐらい茹でてからフライパンで焼ければOK! そのままケチャップと辛子で食べたり、フランスパンにはさみみじん切りの玉ねぎと一緒に食べるのもうまかったです。アンコールをお願いしたいものです。

2018年

7月

09日

ひさびさの青空

ひさびさの青空になりました。

特別警報が出たり市の広域放送や携帯電話に緊急速報メールが何回も届き緊張しましたが、私たちの住む地域は無事に済みました。親戚の住む山奥の地域では避難命令が出て大変でした。朝は少しひんやりとしてり青空が広がり、どこの家でも沢山の洗濯が並ぶ日になりそうです。

2018年

6月

25日

かかみがはら稲作アートフェスティバル終えて

暑い、暑い、暑い、暑い、暑い、暑い、暑い、暑い、暑い、暑い、暑い、暑い、暑い、暑い、暑い、暑い、暑い、暑い、クラフトでした。

テントがグリーンでブース内が暗くなるので、白っぽいテントに変えたら、暑くて、暑くて、とにかく暑かったです。

紺色のテントの中も暑い、暑い、暑い、暑い、暑い、暑い‥‥‥‥‥‥‥

炎天下では、さらに暑い、暑い、暑い、暑い、暑い、暑い、暑い、暑い

 

正面本殿裏のお社の前の柱に龍が昇っていました。

襖、欄間、天井は見たことがありますが、柱を昇龍は初めて拝見しました。

 

暑い、暑い、暑い、暑い‥‥‥‥

 

2018年

6月

03日

デンマーク・デザイン

 小さなクラフト展に出店し、自宅に着くと県政モニターに選ばれた証明書が届いていました。岐阜県の文化施設・県営公園の7施設が1年間無料で入場することが出来ます。

活動の初仕事は、多治見の岐阜現代陶芸美術館に開催中のデンマーク・デザインの感想レポートです。

 

 昨年多治見出店の帰り開店前で食べられなかった、うどんの“す奈は”に昼少し前に着き店頭で名前を記入して待つこと10分、席につき“天ころ”と注文するとすぐに品がテーブルに届きました。何十年か前に食べた天ころと同じです、冷えた腰の強いうどん、生たまご、大きめの海老天、少なめの汁、わさび、ネギ‥‥美味しさとともに遠い昔を思い出しました。来月多治見で個展を開かれるヒゲさんの帰りもこれに決まりかな?

 

 岐阜現代陶芸美術館で開催中のデンマーク・デザインでは、イス・テーブル・シルクスクリーン・陶器・自転車・電化製品・レゴ・木のおもちゃなど多種にわたり展示してあり、ロイヤルコペンハーゲンから機能主義へ、そしてモダニズム、現代のデンマークヘと時系列に展示され、合理的でシンプルなカタチから生活の楽しさや自然の流れが感じられる作品でした。作業場の様子がわかるよう並べられ家具と平面に置かれた設計図、組み立て前の家具のパーツ、クツションの断面、使い方の分からない道具など見ることが出来ました。途中の部屋では作品の撮影や触れることも出来きるところがあり、ここでは緊張もほぐれ静かな歓声が響いていました。上記写真はその部屋で撮影したものです。

 

 時間に余裕ができモザイクタイルミュージカルまで足を延ばしましたが、ミュージアム近くの駐車場は満タンで遠くに止めることになり‥‥暑い中道路をを歩くことを考えると迷わず諦め、タイルミュージアムの外観だけで終わりました。